"96がんばれ神戸"土地活用セミナー 「あれから1年。阪神・淡路大震災で中高層建築はどう変わったか。」

開催日 1996/02/03
参加費 無料
時間 13:00~17:00(12:30開場・受付開始)
会場 神戸クリスタルタワー
住所 神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号
主催会社 創企株式会社
交通 JR「神戸駅」より徒歩3分
定員 150名
詳細

いま知っておくべき耐震対策と土地活用とは。


衝撃の阪神・淡路大震災から早や1年。私たちは、震災の経験を無にすることなく、新しい神戸を築いていかなくてはなりません。特に、いまは住宅不足が緊急の課題であり、安心して住める良質の賃貸住宅が求められます。
◆◆◆
そこで、今回のセミナーではアパート・マンションを中心とした中高層建築に焦点をしぼり、『中高層建築構造』の研究者として震災直後の建物倒壊現場をご自身の眼で見て歩かれた日下部馨工学博士を迎え、「建物のどこに問題があったのか」「今後の中高層建築に必要なものは何か」を博士の”生きた研究”から学びたいと考えます。特に賃貸住宅建設をお考えの方には建築設計の知識を深める貴重な機会です。
ふるってご参加ください。


<プログラム>
●講演第1部 「中高層建築の構造と耐震設計について」 講師/日下部 馨(工学博士・神戸大学準教授)


●講演第2部 「震災1年後の地価動向と平成8年度の税制改正のポイント」 講師/飯田 修次(税理士・財団法人区画整理促進機構登録専門家)

参加資格

なし

ページ上部へ